hod763

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shinjuku.areablog.jp/hod763

「ムーンウォッチ」と呼ばれるオメガのスピードマスター・プロフェッショナル

日々、新しいパネライ時計が欲しいという欲求がおさまらない私です。手堅くロレックスにしておけと周りから言われますが、最近のロレックスの高騰ぶりについて行けずにゲンナリしております。ロレックス以外に、何か良い時計はないでしょうか?ロレックスが高騰しすぎた今、何を狙えばいいでしょうか?そのブランドはオメガです!
皆さんご存知の通りロレックスに引けをとらない知名度を誇るスイスの時計メーカーです。
パネライ腕時計を選ぶときに、何を重視するかは人それぞれだと思いますが、私は以下の項目を重視したいです。
オメガは1848年、スイスで創業して、1965年にNASAに公式採用されます。1969年7月、アポロ11号の宇宙飛行士 ニール・アームストロングとバズ・オルドリン博士が人類初の月面着陸に成功した際に着用していた腕時計が、オメガの「スピードマスター・プロフェッショナル」です。その時から、「ムーンウォッチ」と呼ばれる様になります。過酷な宇宙環境に耐える事が出来る時計を採用する為にいくつものブランドの腕時計でテストを行い、唯一そのテストをパスしたのがオメガのスピードマスターでした。
しかも、普通に市販されていた商品を用いてテストされたそうです。月面着陸を果たした腕時計を店頭で普通に購入出来たんですね!宇宙の過酷な環境下でも通用する性能を備えている腕時計が店頭販売されているとはカッコイイです。実力でもあります!
知名度ではオメガにも勝るロレックスですが、NASAに採用されたのは意外にもオメガでした。歴史もあって確かな実績もあります。スピードマスターを着けていれば宇宙規模の話が出来そうなスケールのデカイ話が出来そうな気がします!
腕時計は時を刻み、人生を共に歩む同士のようなものです。その同士に愛着を持ち、生い立ちや歴史を語る事に喜びを感じて欲しいです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000255403/p11682830c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロレックス投資

ロレックス投資という言葉を聞いた事がありますか?これは、生産終了が発表されたモデルや、生産数が少ないレアモデルを購入して、数年から数十年後に価値が上がった時に売却して儲ける方法です。
しかし、価値が上がるまでに長期間を要したり、価値が上がらない可能性もあり、逆に損をしてしまう恐れもありますが、低リスクで簡単に儲ける方法をご紹介します。
方法はいたって簡単ですですが、入手困難な人気モデルを購入して売却するだけです!
ロレックスには正規店で定価で入手することが困難なモデルが存在します。その為、入手困難モデルは並行輸入品店などで、定価を上回るプレミアム価格で取引されます。その為、買取金額も並行品店での売値を考えて提示されるので、必然的に定価以上で買取りされることが多いです。この仕組みを利用して儲ける方法です。
ただ仕組みは簡単ですが、ただでさえ入手が難しく数も少なく、この仕組みを知っているライバルも多いので、商品が売っている場面に会う強運と・ある程度のコネクション・行動力が必要になります。
あとはどんな商品が高く売れるのか把握する必要もあります。
狙う時計は、例えば、2016年に発売されたロレックスの新作モデルのロレックスデイトナ116500LNです。まだまだ市場に出回っている数が少なく、とても人気があるので儲かる金額が高いです。
または、ロレックスデイトナ116520、こちらは、最初に紹介したデイトナ116500LNの1世代前のモデルで、生産終了になったモデルです。生産終了する前からロレックスの中でも1番人気の商品で、正規品店で一般の人が購入するのはほぼ不可能なモデルでした。
ほかにも、ロレックスディープシーDブルー116660D、こちらは驚異の防水性能3900mの超本格的ダイバーズウォッチです。この時計も2014年に誕生して以来、ずっと人気で正規店では入手できないモデルです。
グリーンカラーが特徴的な、ロレックスサブマリーナデイト116610LVも投資目的としてお勧めです。
いかがでしょうか?運よく入手出来たら最高ですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000255403/p11682828c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

機械式とクオーツ式の違い

ロレックスエアキング時計には、昔ながらのゼンマイで動く「機械式」と、電池やソーラーで動く「クオーツ式」があります。前者は、伝統工芸品みたいなものですので高額ですが、時刻精度や耐衝撃性では劣ります。
有名なロレックスなど、とくに男性向けの何十万円〜百万円以上する腕時計の多くは、ゼンマイ式ですね。高額なものでも、一日数秒〜十数秒くらいは狂いますし、2〜3日ほうっておくとゼンマイが解けて止まります。
クオーツ式は、水晶に電圧をかけると一定周期で振動する性質を利用した時計で、1969年に、日本のセイコーが世界で初めて市販しました。大量生産できるので安価、かつ実用性能は高く、1000円くらいのものでも時刻精度は月差20秒くらいと、一日1秒も狂いません。
どちらのタイプの腕時計を選ぶかは、その需要にもよりますが、ただ時間だけをみる目的ならクオーツ式腕時計でも十分ですし、ロレックスエアキング時計が好きな人だと機械式の腕時計を求めてる人が多いようですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000255403/p11679137c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

運動会に似合うロレックス3本勝負

秋と言えば、スポーツのシーズンで、秋の最大のイベントは『運動会』です。あなたは運動会にどんな時計をしていきますか?一生懸命なお父様方に似合うロレックスを3本を選んでみました。

9月から11月にかけて、全国各地で運動会が開催されます。幼稚園、小中学生のお子さんをお持ちのお父さん、お母さんにとっては、わが子の成長ぶりを見るのが楽しみな行事ですよね。いろんな職業のお父様方が集まる運動会。そこは子供達の発表の場でありながら、実はお父様方の腕時計の見せ場でもあるんです。まさにこう言うことですね。

「競技で負けても時計で負けるな!」

そこで、2017年秋の運動会に似合うロレックスを選んでみました。

まず、1選目は『デイトジャスト YGコンビ』です。デイトジャスト YGコンビはドレスウォッチの代表格です。「スポーツの秋」だからといってスポーツモデルが似合うとは限りません。長らく定番だった36mmサイズよりも、日焼けした腕を露出する運動会なら、41mm大きめサイズがオススメです!また、やや大振りのがっしり気味ケースは、父親としての存在感をさりげなくアピールできます!カラーは思い切ってイエローゴールドのコンビでいかがでしょうか。

2選目は、『ヨットマスター ダークロジウム』です。スポーティーさとドレッシーさを兼ね備えた名品ですね!ケースサイズは40mmと、先ほどのデイトジャスト41とほぼ同じで、文字盤の色は、新色のダークロジウムで決まり!ダークロジウムの渋みのある光沢感は、このヨットマスターでないと出せません。作りのバランスがとても良く、その引き締まった顔立ちは、子供の前で頑張るお父さんの精悍な姿そのものです!

3選目は、『GMTマスターU青黒』。鮮やかな青いベゼルがアクセントです!

こちらもケースサイズは40mmとほぼ同じで、大きな特徴である光沢のあるセラミックベゼルが、運動会当日のまばゆい太陽の光を浴びて輝きだします。文字盤とベゼル半分は大部分が黒色でやや重たい印象を与えそうですが、もう半分の青色セラミックベゼルが、それとの対比を活かした絶妙なバランスで全体を生き生きとさせていますね。黒と青はお父さんと子供、一緒に行う親子競技のようにぴったりと息が合っています

今年こそは我が子にかけっこ一番になって欲しいと願いつつ、素敵なセンスを披露するのも楽しみですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000255403/p11679136c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

イギリスのロンドンからスイスに移した理由

みなさんはロレックスがスイスの腕時計メーカーであり、本社がジュネーブにあることはよくご存知ですね。ロレックスの創業者ハンス・ウィルスドルフが、ロレックス社をロンドンからスイスのジュネーブに移った話を以前しましたが、なぜロンドンからスイスに移したのでしょうか?
ロレックスといえばスイスの高級時計ブランドとして認知されていますが、当時は、イギリスから出発した輸出会社で、時計の輸出業を行っていました。そして、ハンス・ウィルスドルフは1919年にスイスのジュネーブに「ロレックス株式会社」、つまり現在のロレックス本社を設立したのです。では、なぜロンドンからわざわざスイスのジュネーブに移転したのでしょうか。これは当時のイギリス政府が時計に対して33.3%もの非常に高い関税をかけていたためです。もともと輸出業に取り組んでいたことから、この関税は非常に高い存在であったため、関税が安いスイスを選んだのです。
また、それだけでなくスイスは高級時計のシェア1位を誇る国であるということもスイスを選んだ大きな理由です。そして、ハンス・ウィルスドルフは1915年〜1919年の間、徐々にイギリスのロンドンからスイスに移しました。ロレックスは、本社を移転したのがキッカケで、輸出業から時計の独自生産にも積極的に取り組んでいくようになりました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000255403/p11674493c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

王冠マークがさがせない……

先日、東京のある有名店でロレックスを購入しましたが、6時方向(下)の部分を探しても王冠はない、外で太陽の出ている時間に探していてもない、、、どう探しても冠のマークが見つからないです。
雑誌では最近の製造物にはあるようなことを言っていましたが、王冠をどう探してもなくて寂しくなりました。
買ったのは2004年製で香港からの輸入もので東京のある有名店で購入しているので、偽物とは思えないのですが。友人から電話がかかってきて、必ずあるはずだと、かなり小さく困難で見つけれないだけだと言われました。かなり小さいものではあるが、確認できると雑誌でも回答が書いてありましたが、私はどうしても見つけられませんでした。
24時間針も問題ないですし、偽物とは思えないが、なぜ、私には見えない!虫眼鏡で見ても見えない!なぜかこだわりを持ってしまいます。時計を360度ぐるっとみても無い!一瞬、本物なのか?と自信を失ってしまいます。
ところが、翌日甥っ子に探してもらいました。それもちゃんとROLEXのガラスの6時位置に”王冠マークの透かし”が有りました。この王冠マークの刻印は、本来、肉眼では確認しづらく、横からルーペで確認してはじめてわかる印だから、見つけるのが難しかったですね。
信頼できるところで購入したのなら大丈夫でしょうが、一応王冠マークが見つかってほっとしました。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000255403/p11674491c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロレックスの皆の時計の技師は皆同一の自信を持っていて

ロレックスは重々しくて、実用的で、はでやかな風格を現さないで広くて成功する人に好きになられて、その時計の高さが精密で正確でしかもフリーボードを備えて出費に耐えて、時計が閉じ込める中で、愛好者達はよくひと言でを形容します:1“働く”は永遠に逸脱だ

ロレックスの発展史それと先見の明があると開拓する精神の創立者のハンスですか?ウェルズの多い夫(HansWilsdorf)の間、分けられない関係を持っています。1905年、年はまだ24歳の彼はロンドンが自分の企業を創設したのに都合よくて、“ウェルズの多い夫とデビッド会社”(WilsdorfandDavis)といって、1家が主に腕時計の会社を販売するのを担当するので、しかし彼も研究開発して腕時計を自製します。

ロレックスの腕時計の“落ち着いていて、適用できて、現さないのがはでやかだ”の設計の方法、人々を受けて高く評価して、精確にと丈夫さが更にの社会的地位非凡です。

ロレックスの皆の時計の技師は皆同一の自信を持っていて、万事は必ず絶えず改善しなければならなくて、すべての生産プログラムは皆厳しい品質を通って監視し抑制して、すべてのブロックリストはすべて気圧室に入って防水性能をテストして、それから百年ごとにの誤差の2秒の原子時計で精確度をして修正して、すべての品質のテストする時計を完成してやっと工場出荷することができます。

多いロレックスの中で、名声がある“水が鬼”はトップブランドの道具だと言えます。いわゆる“水が鬼”、ただ最も早くSea―Dweller(海)を指して、その後ヘリウムのバルブのSubmariner(潜航者)に並んでも“水が鬼”の範疇に入れられたのを持ちません。

海が型のカキ式殻を表して水深を防いで1に達するのを保証して、220メートル(4、000フィート)、丈夫で長持ちする手本のが行うのです。形の独特な中間層は殻を表して全部の塊の誠実な904のL鋼で鋳造して、腐食しにくいです。三角形の物が紋様の底を陥れるのがかぶせてブランドの専属の特殊な道具で回るきつくて、殻を表しを密封して、そのため職人を表してようやくチップを開けることができるロレックスがしかありません。

チップを保護するために水に砂ぼこりとの侵害するように受けないで、冠を表すのは採用する三つボタンの連鎖リストに施錠する冠です。きつくねじった後にカキ式の表す殻に全く潜水艦のが扉を密封するように、を密封させるの。一方の回転する外側のコース、潜水夫の精密で正確な記録のダイビング時間を譲ることができて、一方のことしかできなく誤って計算する上水道時間と酸素の余量を免れるのために回転します。その上300Mの防水の効果はカキ式の外側の保護はそれアウトドアスポーツの第一選択になります。

ロレックスコピー販売:http://www.keepgoing365.com/tokei/b1/




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000255403/p11670253c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロレックスのグリニッジ型の2世代のシリーズの腕時計を解析します

20世紀に50年代、経済のグローバル化のが絶えず進めるのに従って、宇宙飛行業は観光業と盛んに発展して、そのため両地の時に腕時計も気運に乗じて生まれます。この時パイロット達が1モデル急ぎ必要として多数の標準時区時間の腕時計を指示するのに便宜を図ることができて、そこで航空局はロレックス会社がGMT両地を生産するのを出す時腕時計、最後1954年に第一モデルの両地を出した時GMT腕時計――グリニッジ型の1世代に向って。しかし表を作成する業界の継続的な発展と科学技術のが絶えず改良するのに従って、GMTは何度も改正するに、1989年までロレックスはやっとグリニッジ型の2世代のシリーズを出して、互いに比較して以前更に軽薄な設計があって、そしてすこぶる友達達を表して支持を受けます

2013年のバーゼル大展の上で、ロレックスは大衆に1モデルの青くて黒い陶磁器の閉じ込めるグリニッジ型U(MASTERII)を展示して、これはROLEX会社の努力する長年の結晶で、同時に世界の第がいっしょに2種類の異なる色のよく合うカキ式のシリーズの両地を持っているだ時腕時計。青いはの黒色の互いに解け合う陶磁器と小屋を表して、この腕時計の一大の輝点で、性能はと快適に適度にきわめて良くて、あげて旅行する表す謎達のまたまったく新しくなる体験に熱中します。

バイカラーは小屋を表してロレックスの研究開発の特許があって、陶磁器の材質が製造するためになって、かつ異なる光線の条件の下で色合いが発生して変化します。青いはの一部は日光で直接射し込んでおりて最も明るい青いのが現れて、室内に着いて照明の照明のもとではっきりと現れて艶消しの青、しかしそれなのに比較的暗い環境に着いた中にほとんど黒色になります。

腕時計はクラシックのカキ式を採用して殻を表して、黒色の時計の文字盤は双方向の回転する陶磁器によく合って小屋を表して、閉じ込めて口の上で彫り刻む24時間の漸進式の目盛りがあって、謎達の外国へ行く旅行を表して本国の時間を計算するのに便宜を図ります。その青い色の形成は主に鉱物顔料(mineralpigments)から来て、これらの顔料は高温を通ってベーキングでなければならなくて、温度は陶磁器を更に緊密になることができて、そして最後にだけある硬度を形成します。

すばらしいロレックスのカキ式の時計の文字盤の配置、丈夫にとても高い観賞性が使ってありに耐えます。V7バージョンはポインターの設置の順序を修正して、それによって更に当てはまる原版、青い三角形の物のポインターはGMTポインターで、第2標準時区の表示する時間を指して、独立するポインターのから急速に学校を加減します。

3時に位置は一瞬であることが設置されていてカレンダーを跳んで、そしてサファイアのクリスタルガラスのレンズを配置して、抵抗するのが吹く損で、光が反射することを防ぎます。N工場のグリニッジ型Uの青の黒い周は通って何度もベーキングなったので、最後に青い陶磁器区と黒色陶磁器区の接続は一部が鮮明な“境界線”を形成するのを確保して、青いはの白昼を代表して、黒色はやみ夜を代表します。

ねじ込み式の三つボタンを採用して三重の防水システムの連鎖リストの冠に鍵をかけて上、頭の両側を肩のプロテクターにあって、そしてと中間層が殻を表すのが続けて一体です。

表して側面を閉じ込める紋様を陥れる三角形の物があって、グラインダ仕上げは手をそりません。殻とロレックス腕時計のバンドを表すのは皆316L精密な鋼の材質で、小道を表すサイズは40ミリメートルで、厚さの14ミリメートル、側を表してまた(まだ)N工場の識別符号を印刷してあります。

密な底設計、三角形の物を採用して紋様のねじ込み式の底を陥れてかぶせて、杭州のチップの改装してなった3186のすべてで自動機械のチップを搭載します。

3列の誠実なからくりの骨のカキ式の腕時計のバンドを採用して、中間のからくりの骨の表面の採用はぴかぴかに磨いて、2辺のからくりの骨の表面は艶消しで、へりも採用してぴかぴかに磨きます。

カキ式の折り畳み式が安全で差し引いて、からくりの骨を加減しやすくて、腕時計のバンドは簡単に5ミリメートル更に伸ばすことができます。

時表示してポインターと皆塗る推測する白色の夜光物があって、はっきりしているのがあって真っ黒な環境の中で依然として読むことができる時。

総括します:思う専門家があって、カストロはなぜ2つのをつけるのか、遥か遠いまでキューバとソ連のためで、2つの腕時計は同時にキューバとソ連の両地時間を掌握することができます。ずっとGMTグリニッジ型のシリーズの腕時計の出現に着いて、ひとつのロレックスの腕時計はすぐ2つの場所の異なる時間を知ることができます。

ロレックスチェリーニコピー販売:http://www.keepgoing365.com/tokei/s14/





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000255403/p11670252c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

あなたのロレックス時計をオンラインで売る

ロレックスの時計は、ハイエンドの高級市場として考慮することができる製品です。このブランドの時計を所有し、様々なオプションをご利用いただけますを見てみたい人のために,私たちのガイドはあなたを助ける.

代わりに、非常に深刻ではない多数の潜在的な買い手に直面する。あなたはガイドを読むことができますし、あなたのロレックスの時計の良い状態で販売するために必要なすべての情報を収集します。

ロレックスのブランドは、ハンスウイルスドルフによって1905に設立されました,伝説は望んでいる(しかし、これはハンスウイルスドルフ自身によって確認されたことがない)名前は、フランスの"時計exquisition"絶妙な時計製造から来ていること.ロレックスの時計は、高品質の時計製造作業のシンボルであり、古いものとして、最近のモデルは、コレクターの間で最も求められている製品です。

ロレックスの時計の価格は非常に重要なバリエーションを知ることができると良いのこの種を販売するために良い理由を構成することができるさまざまな方法で取得することができます。私達の最もよい助言はあなたの必要性に正しい決定をして確実であるためにあなたの時間を取ることである。あなたのロレックスの時計を販売するために良いパフを得るために、この主題でできるだけ多くの検索として、私たちのガイドに注意深く読んでください。

お金-あなたは、ネットや店であなたのロレックスの時計を販売しようとすることができます。しかし、あなたはすぐにお金を必要とする場合には、本当の価値よりも非常に低い価格を受け入れる必要があります。ファッション-しかし、非常にトレンディなブランドすることができますが、新しいモデルをしたり、単にそれを販売し、他のブランドに向かって頭をすることがあります。継承-ロレックスの時計は、多くの場合、それが継承され、希少モデルは、我々が想像できるよりもはるかに価値があることができる商品を構成する!

ロレックスの時計を販売すると、その利点と短所があり、価格の変動は、モデルと年に応じて非常に重要です。それは固体の答えを持っていないので、それはEBayのようなサイト上の記事のこのタイプを入れていません。深刻なものとして考えることができるコレクター,それは、質の高い製品のための重要な合計を支払うことをいとわない人と言うことです,あなたのための簡単な写真よりも少し待っています.どこでもフランスでは、我々は時計や宝飾品に特化した多数のオークションハウスを見つけることができるように、その方法は、その利点とその欠点としてロレックスの時計を販売すると疑うことができます。

もちろん、あなたのロレックスの時計が販売されている場合、あなたは非常に良いビジネスを行うことができますが、逆の場合には、この日、販売室は、それ自体が静かに明らかに、あなたが戻って返すの任意のチャンスなしに最初に欲しかった価格を得ることが最低限の予約で数えることはできますが、持っている価格に届かなければ、もう一度やり直すしかないでしょう。また、あなたのロレックスの時計の販売にリンクされている費用は、それが所有者とオークションハウスの懐に販売のこのタイプの結果について警戒されるように請求されます。

私は私のような人々がそこに取得し、ロレックスの時計についての重要な情報を見つけることができるインターネット上で安全で便利な場所を作成したいので、私はこのサイトを始めた。場合は、時計コレクター、目利きや情熱的なウォッチャーは、このオンラインサイト上で歓迎を感じる。私はオリジナルの時計を購入することを決めたときにの時計と私の最初の出会いは数年前に興奮していた。私は、私はを購入することを決めたと私は非常にこの1つに満足していたコストを知っていた。残念ながら、それは私が不適切に処理したので、私は別のものを購入することを決めた壊した。イミテーション時計を買って2回目はとてもがっかりです。それは元の悪い品質のひどいバージョンであり、それが悪く見えた構成すべてが、私はそれを投げたので、別のものを購入することを決めた。同じことが3番目の時計と私に起こったと私は再び模造を購入することを誓った。

友人が誕生日プレゼントとしてイミテーション時計をくれて、絶対に綺麗にしてくれました。私は彼がそれを買っていたし、私は彼がそのような美しさでロレックス時計を収集したいことを決めた彼に尋ねた。1つのサイトと別の間を移動すると、わずか数ヶ月でダース以上の時計を注文します。一部の他の人は本当にひどいされ、私は他の人々が私と同じ失望感を体験することができることを知って挫折したもののいくつかの時計は、本物の品質と私は本当にそれらを持って満足して感じた。

私はこのサイトをオンラインで作成することを決定し、私が作るの時計のそれぞれを考慮した時計のレビューを書く。ロレックス時計を購入する人々は、彼らが製品についての正直な意見を見つける場所を持っているだろう、とそれらを販売する企業。私は実際にそれが高品質の腕時計を買うことに関しては人々が右の決定をするのを助けることできることを望む。

ロレックスサブマリーナコピー販売:http://www.keepgoing365.com/tokei/s5/






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000255403/p11668931c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロレックス、腕時計の製造の先駆者

ロレックスのステータスとブランドのユニークなアイデンティティは、その根本的な軸は、技術革新のための情熱と卓越性のための定数を検索する歴史から直接導出.この物語は、時計の冒険を組み合わせた先駆的な成果の魅惑的連続、産業と人間は、主にオイスターのそれに同化され、1926で生まれた最初の気密腕時計と変換、時間の経過とともに、最も認識され、最も世界で認識されているの間にある伝説的な時計の範囲の柱に。

ロレックスの成功は、その創始者のビジネスの並外れた精神に密接にリンクされています,ハンスウイルスドルフは、1905で、彼のパートナーと一緒に、会社ウイルスドルフ&デイビス、英国での商業化に特化し、そのコンポーネントは彼のスイスの仲間によって製造された腕時計のすべての大英帝国を設立し、彼の'機転-放任'によって選ばれた。

レジャーやスポーツの練習のまばゆいばかりのブームに証人,ハンスウイルスドルフは、腕時計と精度の時間が互換性があることをまだ懐疑的な聴衆を表示したい.この方向であなたの検索は、すぐに顕著な成功に変換されます。1910では、ロレックスの腕時計は、ビエンヌ(スイス)の時計制御局によってこのような時計に授与された世界初のクロノメーター証明書を取得します。4年後、1914では、同様のモデルは、英国の名門キュー天文台からクラス"a"の世界初の証明書を取得し、腕時計、それまで海軍のクロノメーターのために予約されたことを区別することはありません。したがって、それは腕時計と精度の時間がパーに行くことが示された。

同時に、ブランドコンセプトの重要性を見越して、ハンスウイルスドルフは、彼の作品に署名するために1908の名前"ロレックス"を発明した。課される規準は意外な現代性と今日共鳴する。彼は、確かに、名前が欲しかった:短い、5文字の最大値;簡単にすべての言語で発音;それは耳に良い音;暗記しやすいようにする;球と時計の動きに調和して登録する。

ハンスウイルスドルフは、1919でイングランドを去るジュネーブ(スイス)で解決するために、1920で彼は会社を設立したモンティスロレックス、sa1926では、気密性の地形のハンスウイルスドルフの進歩は、発明とその果実を持っている、世界の最初の気密腕時計は、そのボックスのためにベベル、ボトムとクラウンねじ込みのインテリジェントな特許システムに恵まれています。オイスターと密閉ボックスの全く革新的なコンセプトのおかげで、ロレックスは時計製造の歴史にあふれています。

1927では、コミュニケーションの面でハンスウイルスドルフの創造的な本能は、壮大な方法で具体化されています。彼の考え:彼の資質をテストするために火のテストにカキを征服し、その"ノウハウ"を"知っている"に追加します。その年、若い英語スイマーメルセデスGleitzeは、カキを装備し、泳ぐためにラ·マンチャのチャネルを横切る。10時間以上後、時計は完全に働く水から出てくる。1931では、ロレックスは、フリーローターで腕時計のための最初の自動ロープシステムを発明し、永久ローターと現代的な自動ロープシステムの前駆体として洗礼を受けた。

1930の十年は、ロレックスのアイデンティティの2つの他の基盤を上昇させる。ブランドのロゴとシンボルの卓越した、1931に記録されます。それは1930の十年の間にの時計の分野で初めて表示され、1950の十年の初めに王冠の後に。同時に、それは球の12時間の索引を取り替えることを始める。1933では、2つの異なる材料から作られたロレックスの時計の組合を指定する名前ロレゾール、登録されています:金と鋼。その使用は、1920の十年にさかのぼるこの組み合わせは、後にブランドの特徴的な美的コードの一つとなった。

1945は、世界初の球体に位置するウィンドウの日付を示す自動および気密クロノメーター腕時計、オイスターパーペチュアルデイトジャストの外観を目撃しています。デイトジャストは、特に機会のために作成された引退したブレスレットを装備し、偉大な区別とすぐにその紋のベゼルで認識、オイスターコレクションの柱を構成しています。最初にそれが男のために意図されたが、次の十年からそれは女性のための異なったモデルで示される。世界と密接な関係のこの文脈では、民間航空や水中探査などの活動の新しい分野を背景に、ロレックスは、時計の概念を1950の十年を通して開発した-ツールは、特定の活動に専用の機能を持つ"プロフェッショナル"と呼ばれる。

したがって、1953では、光を参照してくださいオイスターパーペチュアルエクスプローラは、直接エベレストの征服から生まれた。オイスターパーペチュアルサブマリーナーダイビングクロック,浸漬時間を読み取ることができ、ロレックス時計深さの100メートルまで気密性を保証する卒業式の回転ベゼルを装備(後で同じ年,で200メートル);オイスターパーペチュアルGMT-マスターは、補助針24時間と回転ベゼルのおかげで、惑星のさまざまな部分で時間を設定することができる楽器を持っているラインのパイロットの特定のニーズに対応するために1955で開始24時間を卒業。後者は、いくつかの航空会社の公式の時計になります,その中で有名なパンアメリカンワールドエアウェイズです,より良いパンの名前で知られています.

1956は、カキの永久ガウスのリリースの証人である,磁場に抵抗するために考案.モデルは、基本的にジュネーブに位置する核研究(CERN)のためのヨーロッパの組織の科学者の人形に示されます。1963では、ロレックスは、時間の間隔を読み取ることができますし、そのベベルTaquimétrico卒業の平均速度のおかげで計算するクロノグラフ、コスモグラフデイトナを起動します。

1968でロレックスは、マークによって提案された時間前にオイスターボックスの有無にかかわらず、すべての時計を収集チェリーニコレクション、作成されます。名前チェリーニは、偉大なルネサンスのアーティストベンヴェヌートチェリーニ、彫刻家、教皇の彫金師に触発され、これらのエレガントな時計の古典的かつ洗練された文字を強調している。

1970と1980の数十年は、第二世代のオイスタープロの到着をマークします。1971ではオイスターパーペチュアルエクスプローラーIIは、その補助針24時間とその固定ベゼルに24時間を卒業し、その日の時間と夜のおかげで区別することができます極地探検家と探検のために設計され、生まれました。1978では新しい海の住人が生まれている,海の住人4000,まで気密1220メートル(4000フィート).と1982では、光を見てGMT-マスターII.1992ではオイスターパーペチュアルヨットマスターが誕生しました。この目新しさは、ロレックスとレガッタの宇宙の間のリンクを示しています。同年、オイスター・パーペチュアル・レディ・デイトジャストのパール、女性向けに特別にデザインされたオイスター・コレクションの新ラインも発表されます。

慈善分野でロレックスの関与は、年2002は、新しい独創的なイニシアチブが生まれているので、置き去りにされていません。パトリックHeinigerは、プログラムを促進する"メンターと弟子のための芸術的イニシアチブ",問題の規律の著名なマスターの視線の下で彼らの完全な可能性を実現するために若い気鋭のアーティストを支援する目的のために考案.このプログラムは、ロレックス研究所のタスクに変換の慈善の伝統を示しています。

ロレックスサブマリーナコピー販売:http://www.keepgoing365.com/tokei/s5/





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000255403/p11668929c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
ブログイメージ
hod763

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 5 670
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック