シスターズと暮らす新宿

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shinjuku.areablog.jp/mimimi

かぶとむしランドセル

  小学校での読み聞かせボランティアに、シスターズ妹(中学生)

   が小学3年生の時から参加しています。

 

   我が子が卒業しても、OGとして参加することが出来ます。

  

   先日、読み聞かせの後のブックトークで取り上げられた本の中に

  「かぶとむしランドセル」がありました。

 

   おじいちゃんから贈られたランドセルはみんなのとは違う・・・。

   おがくずの入った箱に入れられたランドセル・・・それは

   かぶとむしランドセル。

 

   主人公がこのカブトムシランドセルのおかげで様々なトラブルに

   巻き込まれていく様子が、ユーモアたっぷりに描かれています。

 

   さて、主人公とカブトムシランドセルはうまくやっていけるのか。

 

   小学生の男の子に大受けした一冊です。

                            みー

 

↓ ふくべあきひろ; かぶとむしランドセル PHP研究所 2013年

  

 



かぶとむしランドセル
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000009838/p11059841c.html
親と子の本棚・映画 トラックバック( 0)

いいからいいから3

 1学期最後の小学校での読み聞かせ(7月上旬)は

 

   「いいから いいから3」でした。

 

   おじいさんが道でばったり会った貧乏神を家に連れて帰ります。

 

   すると家には泥棒が入り,お父さんの会社は倒産。

 

   さてこの一家の運命は・・・。

 

   よーく絵を見ると,会社が倒産してしょんぼりしていたお父さんが

   何かを作り始め,そして最後のページでは見事転職しています。

 

   「この本はお父さんの再生の物語かも」とシスターズ姉(高校生)。

 

   様々な事があっても,明るく楽しく暮らすことの大切さがほんのり

   じんわり伝わってきました。

 

                            みー

↓長谷川義史,いいから いいから3,絵本館,2008年

   

 

  

   

 

   



読み聞かせ
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000009838/p10459412c.html
親と子の本棚・映画 トラックバック( 0)

名画座

 シスターズ妹の小学校から「節電予報」が送られてきました。

 

  今日(7月15日)の13時から16時ごろ,電力の需要が高くなる

  見込みなので,節電に心がけて下さい,とのこと。

 

  子どもたちが帰ってくるまで,それならば近所の名画座に避難です。

 

  今日(15日)まで「ソーシャル・ネットワーク」

           「ウォール・ストリート」

  の二本立てです。

 

  どちらも見たかった映画なので,朝一番の上映(10時20分)から

  見て,妹の下校時刻には帰宅できました。

 

  二本ともスピード感があり,今という時代の空気をもった映画であっという

  間の4時間でした。

 

  今日(7月15日)この後「ソーシャル・・・」19:40 から上映

              「ウォール・・」  17:15 から上映

  です。

                            みー

 

  

                           



節電
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000009838/p10453452c.html
親と子の本棚・映画 トラックバック( 0)

うなぎにきいて

 6月の読み聞かせ,2冊目は紙芝居です。

  上方落語の「うなぎにきいて」

 

   うなぎを食べようとうなぎ屋に入った2人連れの客。

  出てきた主人は「職人がおりまへん」

  客「あんたが作ればええがな」

  主人「うなぎが苦手でんねん」

 

  と言いつつも,主人はうなぎをつかみます。しかしうなぎはじっとしていま

  せん。さて,どうなるでしょうか。

 

   長谷川義史さんの絵が魅力的です。

  大阪弁の面白さも感じてもらえれば,と思って選びました。

 

   落語の落ちはさらっとしすぎてという表情の子どももいました。

  

↓ 桂文我,長谷川義史,うなぎにきいて,童心社

  

   



読み聞かせ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000009838/p10438268c.html
親と子の本棚・映画 トラックバック( 0)

大阪うまいもんのうた

 

 

 

 

 6月の読み聞かせ,一冊目は「大阪うまいもんのうた」です。この本は

  別のクラスで5月に読みました。

 

   大阪の食の名物を絵とともに解説しています。

  たこやき,お好み焼き,豚まんなど。

  「人さし指と親指でほっぺをつまんでたこやき」と動作もついています。

  挿絵がとても凝っています。大阪で過ごしたことのある方なら,どこかで

  見た風景が描かれています。大人も楽しめる絵本です。

 

                            みー

 

↓長谷川義史,大阪うまいもんのうた,佼成出版社,2009年

  

 



読み聞かせ
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000009838/p10434874c.html
親と子の本棚・映画 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
みーイメージ
子どもと暮らす新宿。その日常を綴ります。かつて時間を共有した子どもたちとの日々を思い起こしながら。ロシア、モスクワで暮らした懐かしい日々も書いていきます。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 6 221283
コメント 0 2592
お気に入り 0 21

外苑東クリニック
東京 人間ドック