シスターズと暮らす新宿

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shinjuku.areablog.jp/mimimi

美味しいマッシュポテトの作り方

 

 モスクワ在住時に,メイドさんによく作ってもらったのは

  マッシュポテトです。

   ロシアではジャガイモはパンに次いで,大切な食べ物です。

  冬が来る前に,たくさんのジャガイモとリンゴがないと不安だと言う運転手

  さんもいました。長い冬の前には,保存の効く作物を蓄えなくてはならない

  ということでしょう。

 

  さて,モスクワで習ったマッシュポテトの作り方は

  

  1 ジャガイモをむいて丸ごと茹でる。

  2 茹であがったジャガイモをマッシャーでつぶす。

  3 2にバターと温めた牛乳を入れ,なめらかになるまでつぶす。

 

  ジャガイモ大6,7個あたりバターは1回に50g,牛乳は100cc

  くらい使います。

 

   マッシュポテトがあれば,生クリームとチーズをのせてオーブンで

  焼けばポテトグラタンに,ハムときゅうり,人参をマヨネーズであえれば

  ポテトサラダになります。

 

  バターと牛乳を入れたマッシュポテトを作っていると,モスクワで過ごした

  日々を思い出します。

 

  今,モスクワは短い夏です。昼が長く,カフェで人が集う一年で一番良い

  時期です。

                          みー

 

                             

 ↓友人から送ってもらったジャガイモでポテトサラダを作りました。                           

 

 

      

 

 

 

   



マッシュポテト
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000009838/p10445076c.html
モスクワ赴任体験記 トラックバック( 0)

ロシアの冬

 今年の東京は、猛暑日から一転肌寒くなりました。

 

  夏から初冬のような季節の移り変わりです。

 

  ロシアも今年は猛暑だったようです。

  私たちが赴任していた時も、暑い夏(30度越え)でした。(2001

  〜2004年)

  

  モスクワは6月が白夜(夜11時過ぎまで明るい)で、一年で一番良い

  季節です。

  7月の上旬からの2〜3週間がとても暑く、8月の声を聞くとある日

  突然寒い日がやってきます。短い秋(日本人としては十分冬の寒さ) 

  と長い冬の訪れです。

 

  8月初旬の暑さに油断していたナポレオンもヒットラーも、突然の冬に

  退却しました。

 

  8月の終わりにはもう手袋が必要になり、9月には木々の葉が落ちてしまう

  モスクワの秋、冬を懐かしく思い出しました。

 

                             みー

↓ ロシアの民芸品、マトリョーシカ。

  



ロシアの冬
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000009838/p10299272c.html
モスクワ赴任体験記 トラックバック( 0)

9.11

[moblog]
今日はアメリカで同時多発テロが起こった日です。
2001年、赴任先のモスクワの居間のテレビで映像を見た時の驚き。
現実であることが信じられませんでした。日本人の犠牲者の方もいらっしゃいました。家族の方はいまも悲しみを抱えていらっしゃることだと思います。お子さんを亡くされた方にとってつらいのは、子どもが生きていたことがいつの間にか忘れられていくことだ、と聞いたことがあります。
亡くなった方の存在に思いをはせて、日々生きていくことが周りにできる事なのでしょう。
人が本当に死ぬのは人々の記憶から消えた時ですから。 みー




9.11
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000009838/p10291453c.html
モスクワ赴任体験記 トラックバック( 0)

ロシア人からみた日本人公務員の不思議

 ロシアに赴任中、前任者から引き継いだ運転手さんに来てもらう

  ことになっていました。

 

  ある時その運転手さん「マダム、昨日びっくりしたことがあった。

  いつもは静かでほとんど話さないガスパジン(ミスター)Aがミリツア

  (警察)に大声でどなった。ガスパジンの運転手がとても驚いている」

 

  事情を聞いてみると、ガスパジン(ミスター)Aの車にロシア人警察官

  が難癖をつけて、最後には「お金」を要求したということでした。

  ロシアではありがちなことです。

 

  たどたどしいロシア語と身ぶりで私は説明しました。

  「ガスパジン(ミスター)Aは日本の警察からロシアに仕事で来ている

   。日本の警察はお金を要求しない。多くの警察官は誇りを持って仕事

   をしている。もちろんガスパジンAも日本警察を代表してロシアまで

   来ている。だからお金をもらうような警察官を彼は許せない」

 

  運転手さん「ヤー パニマーユ(私は理解した)」

 

  もちろん日本でも汚職に手を染める公務員はいます。しかしその数は

  極めて少ない。それはその地位が保証され、給与水準も高く(大手企業

  と比べると必ずしもそうはいえないが)、誇りを持って働けるからでは

  ないかと思います。

 

  ある日本政府関係者はロシア側交渉担当から

  「おまえはなんでそんなに一生懸命働くんだ。この交渉が成功すれば

   日本の民間企業からボーナスでももらえるのか??」

 

  一生懸命働く日本の公務員はロシア人からは不思議な存在だったようで

  す。

 

  



汚職
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000009838/p10265354c.html
モスクワ赴任体験記 トラックバック( 0)

ロシア人絶賛の宅配便

 モスクワ時代、ロシア人の先生にロシア語を習っていました。

 

  その先生は、モスクワにある外国語大学を出た方です。日本にも

  通訳として行ったことがあります。

 

  日本の様々なシステムの中で一番びっくりしたのは

   

  宅配便 だそうです。

 

  「ロシアでは次の日に荷物がなくならずに、きちんと届くなんて

   ことはない。日本の宅配便は素晴らしいです!!」

 

  途中でなくなったり(つまり盗まれたり)遅れたりが普通だそうです。

 

  チャフラフスカ(東京オリンピックの女子体操のスター)を描いた本

  の中にも、日本にコーチに来た元ロシアの女子体操選手がどこに行くに  

  も全ての荷物を運んでいた、という記述がありました。日本人が

  「宅配便で送ってもなくならない」といっても聞き入れなかったので

  す。

 

  ある時リンゴを段ボールいっぱいにもらったら、それを持って移動した

  と。宅配便が信用できなかったようです。「盗まれずに正確に届く」

  ことを経験したことがなかったんですね。

 

  今、ゆうパックの遅れが問題になっています。日本の誇れるシステムが

  無事に機能することを願います。

                          みー

 

↓ロシアの民芸品、グジェリ(陶器)のチェブラーシカとゲーナ。

 

 



宅配便
goodポイント: 3ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000009838/p10263652c.html
モスクワ赴任体験記 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
みーイメージ
子どもと暮らす新宿。その日常を綴ります。かつて時間を共有した子どもたちとの日々を思い起こしながら。ロシア、モスクワで暮らした懐かしい日々も書いていきます。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 7 220929
コメント 0 2592
お気に入り 0 21

外苑東クリニック
東京 人間ドック