ちびまる子ちゃんの考え事

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shinjuku.areablog.jp/sdfqrt

ら超自然的な要素

た。するとその笛の音を聞いた子供たちその数およそ一三〇人はすべて男に従って、東門を通ってカルワリオあるいは処刑場のあたりまで行き、そこで姿を消してしまった。子供らが何処へ行ったか、一人でも残っているのか誰も知るすべがなかった。子供らの親たちは町から町へと走って(子供たちを探し求めたが)何も見つからなかった。
 そしてひとつの声がラマで聞こえ(マタイ伝二ノ一八)、母親たちは皆息子を思って泣いた。主の年から一年、二年、またある記念ののちの一年、二年という風に年月が数えられるように、ハーメルンでは子供たちが失踪したときから一年、二年、三年というように年月を数えている。私はこのことを一冊の古い書物でみた。院長ヨハンネス・デ・リューデ氏の母は子供たちが出てゆくのを目撃した。
 この同じ小都市ハーメルンでは一三四七年七月二四日にも次のようなことが起った。ひとつの排水溝は長い間鉄張りの戸で閉じられていた。この戸が排水溝のなかに落ちてしまった。三人の兄弟が、最初に落ちた子を助け上げようとしてなかに落ち、皆そのなかで窒息死してしまった。この排水溝のなかには竜かバジリスク(人を睨み殺すといわれる怪蛇)がいたと人はいう。だがそのなかで長い間封じ込められていた空気が悪くなっていたからだ、とみた方がよいだろう。
[#ここで字下げ終わり]

 以上三点が〈笛吹き男による子供たちの失踪〉についての中世史料のほとんどすべてである。一五〇〇年以後の史料はすべて二次史料であり、ルネッサンスと人文主義・宗教改革などの時代状況に決定的に影響を受けているから、この伝説の原型を探るには以上の三点の史料と正面から四つに取り組まなければならないのである。
 すでにみた一六世紀以降のヴィエルスやキルヒャーなどから、グリム、ブラウニングにまでいたるこの伝説の祖述者たちが語り伝える内容と比べて、これらの中世史料が決定的に異なっているのは、それらの記録がいずれも何の飾り気もない事実の報告であり、何ら超自然的な要素を含んでいない点にある。伝説というものはその発端をなす歴史的事件に近づけば近づくほど素朴単純な形を現わしてくるものであり、その意味で今のところこれらの中世史料はこの伝説の最も古い記録とみることができる。そこでまず、これらの史料から歴史的事実に近いものと考えられるモメントを確認してゆかなければならない。

 失踪した日付、人数、場所[#「失踪した日付、人数、場所」はゴシック体]
 これらの三点の史料すべてに共通しているモメントとして、われわれはまず事件の日付をあげることが出来る。一二八四年のヨハネとパウロの日、すなわち六月二六日に何らかの事件が起ったことは、ほぼこれらの史料から歴史的事実と推定しうるからである。
 ハーメルン市の法書(ドナ)に載せられている一三五一年四月四日付の文書には、市参事会は市内のノイエマル20トにある屋敷がアメルングスボルン修道院に売却されたことを示しているが、その末尾に「……わが公証人ヨーハン・トゥレマンの手を通して与えられた。主の年一三五一年。子供らの失踪ののち……二八三年。アンブロシウスの日に」とつけ加えられている。この最後の子供たちの失踪ののち……二八三年 post exitum puerorum …… cc¡ lxxxiii という部分はどう考えてもドバーティンのいうように post exitum puerorum (anniM¡) cc¡ lxxxiii、すなわち子供たちの失踪ののち二八三年、と読まなければならないと思われるのだが、それにしても一年ズレている。『ハーメルン市文書集』を集成したオットー・マイナルドゥスはまさにこの子供たちの失踪 post exitum 以下の部分は一六世紀の書家の手になるものだとして、この部分を史料集から削除し、註記に留めている。ドバーティンはそれに対し、この文字は一四世紀のものだとして反論している。ハーメルン市文書館に保存されているこの法書のオリジナルをみたドバーティンは、この字もトゥレマンのものだというのだが、


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000103687/p11707862c.html
日志 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ろはあちこち痛いが
v面方法 快速瘦臉更安全
美女離不開膠原蛋白
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
ちびまる子ちゃんの考え事
プロフィール
ちびまる子ちゃんの考え事
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 4 314
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[自由が丘] 泣きたいませんが涙
[吉祥寺] 一簾月色

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック