情報収集について

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shinjuku.areablog.jp/gprbloh0078y

永代供養の形態

永代供養と言っても、共同型(合祀)、個別・集合型(納骨堂)などがあり、それぞれ、管理の方法に違いがあります。


合祀型は、石塔、宝塔、観音像、涅槃像などの供養塔の地下に、お骨を納める所であるカロートに、他人の遺骨と一緒に、故人の遺骨を納めて、寺院や霊園が永代に供養を行います。一般的に管理料は不要です。



一旦合祀をすると、遺骨とお会いすることができず、他の場所に遺骨を移すこともできません。このため、初めから合祀する場合と 一定の契約の期間が過ぎてから合祀する場合の2通りがあります。また、別料金で板碑を建立できます。



個別型は、遺骨を一定期間(10年、20年、33回忌)納骨堂に個別にお祀りし、契約期間が終了すると、合同の納骨供養塔などに合祀し、永代に供養するタイプです。



集合安置型は、骨壷を他の故人と共通の棚や場所に安置するものです。納骨スペースは個々にあるため、小さな石碑や石塔などを建てて、それを集合させることでひとつのお墓の形をつくるものです。



お厨子(仏壇・ロッカー)型は、お厨子(仏壇)のスペースを契約し、普通のお墓のように自由にお祀りできる新しいスタイルです。いつでもお参りすることが出来、管理料が必要となります。仏壇として利用することもできます。


寺院墓地と檀家


永代供養
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinjuku.areablog.jp/blog/1000075653/p11694203c.html
終活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
情報収集について解説
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 1 1481
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[旭川] カームのささやき

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック